TOP  >  奥レク公園管理日記  >  植栽ボランティア活動

植栽ボランティア活動

11月14日(木)、16日(土)浦佐、八色の森公園と、大湯公園にて花の植栽ボランティアを募集し、地域の方達に公園のシンボルとなる花を植えていただきました。参加された方々、寒い中での作業となりましたがありがとうございました。

八色の森公園では八色ツツジで親しまれる「レンゲツツジ」、大湯公園では「カンゾウ」を植えていただきました。公園の魅力である花を地域の方に増やしていただき、公園に足を運んでもらえるきっかけになれば、という思いがあり公園植栽ボランティア活動として行いました!

八色の森公園ではレンゲツツジを公園すぐ向かいにある「鈴懸(すずかけ)」さんがお手伝いしに来ていただきました。

今回植栽した場所は鈴懸さん建物からすぐ近くになるので来年花が咲くのが楽しみですね(^^)

レンゲツツジは八色の森公園の花のシンボルで6月頃にきれいな朱色(しゅいろ)の花をつけます。よく見ると公園内にたく

さん咲いている花ですので、6月頃に遊びに来た時には是非「花」も楽しんでください。

大湯公園では「カンゾウ」を植えました。地域の方達、子ども達も頑張って植えてくれましたよ(^^)

大湯公園は尾瀬へと向かう「尾瀬ルート」の入口でもあり、春の尾瀬のニッコウキスゲの仲間、「カンゾウ」が大湯公園のシンボルの

花として植えられています。今回は「ノカンゾウ」を植えました(^^)

 

 

作業が終わったら公園で採れたサツマイモでサツマ汁と焼き芋をふるまいました(^^)

公園植栽ボランティア活動、地域の皆様に花を増やしていただく活動として毎年おこなえればと思います。

今回参加していただいた方々、ありがとうございました(^^)