TOP  >  奥レク公園管理日記  >  青空の下 スノーシュー体験

青空の下 スノーシュー体験

浦佐八色の森公園でのスノーシュー体験が行われました。
魚沼伝習館さんのご指導の元、市内の小学生の子供達が参加。
天気がよくとても暖かい一日、雪の上でのスノーシュー体験や雪遊びはとても気持ち良かったです(^^♪

 

  管理棟近くからの出発!
まずはスノーシューを履くことからなのですが・・意外と大変(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

  やっと皆がスノーシューを履くことが出来、スタート!!
皆が今居る所の雪の深さはどの位?
2メートル・・  5メートル・・
中には 10メートル・・ と言う声も(^.^)

長ーい棒で測ってみると参加してくれた子供の身長より少し高いくらい。
雪のない季節なら空中を歩いている感じですね(^^)v

 

 

 

 

  そしていよいよ雪の上、公園の中を散策。
雪の上での危険箇所・注意点などを聞きながら・・
途中の樹の枝には少しづつ蕾が見えはじめたり、虫の卵を発見したり、
いろいろな自然や植物の話を聞きながらの雪上散歩。

 

 

 

 

 

少し歩き疲れたところで・・
皆で『だるまさんがころんだ』をして遊びました。
一番にと先を急ぐ子
わざと転んで寝そべってみる子
楽しみ方は様々です(*^_^*)

 

 

 

 

たくさん歩いた後はスノーチュービング遊び。
雪まつりの時に作った大きな雪の山からの
チュービング滑りにキャーキャーと歓声を
あげながら楽しんでいました。
(この雪山はこの日が最後で今年はもうおしまいです)

 

 

 

 

こんな風に夏場とは違った自然の観察や雪国ならではの公園での遊びを楽しんでいただけました(^O^)